青汁考察

前へ
次へ

青汁に含まれる鉄分は

鉄分はミネラルの一種類であり、からだの中の鉄分の7割は血液の中に存在します。
残りの3割は脾臓・骨髄・肝臓などに貯蔵されており、万一血液中に鉄分は不足した場合に使われます。
鉄分の主な役目は、赤血球を産生し、血液の中の酸素をからだのあらゆる細胞と組織に運ぶ重要な働きがあります。
血液が赤色をしているのは赤血球の中にある鉄分が赤いためです。
鉄分が不足した場合は、細胞・組織内の酸素が不足してからだの代謝能力が低下します。
鉄分の効果としては次の4つがあげられます。

*からだの中の細胞をリフレッシュさせ、新陳代謝を活性化する
*赤血球を増加させ貧血を予防する
*筋肉にも酸素を送り、疲労回復を速める
*肌の新陳代謝を高めて美肌効果にも貢献する

特に生理のある女性は毎月多くの鉄分が失われており、4人の成人女性のうち1人が貧血状態であるデータもあるほどですので、積極的に鉄分を摂取する必要があります。
さらに、妊娠中・授乳中の女性、からだの成長期にある子供と激しい運動をするスポーツ選手も鉄分を失っていますので、積極的に鉄分の摂取をおこなう必要があります。

鉄分はからだの中への吸収しにくいこともあり、多めに摂取して問題はありません。
余分な鉄分とからだに吸収されなかった鉄分は尿の成分となってからだの外へ排泄されます。
従って、鉄分の過剰摂取について神経質になることはありません。
むしろ鉄分の摂取不足が現在は問題となっています。
しかし、例外としては鉄分のサプリメントを多量に摂取すると肝臓障害を引き起こす可能性がありますので注意が必要です。
鉄分の摂取の基本は食事から摂取することを心がけてください。
厚生労働省のガイドラインによると、1日あたりの鉄分の目標摂取量は次のように推奨されています。
ただし、摂取量の上限値は40mgと規定されています。

*成人男性         7.0~7.5mg
*成人女性(生理のある方) 10.5mg~11.0mg
     (生理のない方) 6.0mg~7.0mg 
*妊娠中・授乳中の方    19.5mg~21.0mg

このような目標値に対して実際の生理のある女性の方々の鉄分の平均摂取量は一日あたり7mg前後といわれています。
普段の食生活の中の食材で鉄分の多い食材であるレバー(豚)50gで6.5mgであり、野菜の中で多いといわれている小松菜(70g)でも1.4mgしかありません。
一つの調理例ですが、あさり(50g)と乾燥ヒジキ(5g)を使った味噌汁と納豆(50g)と小松菜(50g)のお浸しを食べると合計で7.7mgの鉄分を摂取することになります。
いかに、毎日の食事の中で一定量の鉄分を継続的に摂取することが大変であることがわかります。
一方、大麦若葉の青汁には1日分で約2.5mgの鉄分が含まれていますので、普通の食事分で不足した鉄分を補うためには青汁は最適な飲み物です。

一般の緑黄色野菜は調理の段階で加熱されると鉄分の吸収を助けるビタミンCが酸化しますが、青汁の原材料である緑黄色野菜はそのまま使用されておりビタミンCも鉄分の効果を助けることができ、鉄分のからだへの吸収を妨げられることはありません。
特に、青汁に使用される大麦若葉・ケールには豊富な鉄分が含まれており、青汁を毎日続けて飲むことによって、慢性的な鉄分不足が解消されるとともに野菜不足も解消することができる一挙両得となります。
さらに、青汁には血液を作る働きがあるクロロフィルも含まれており、貧血の予防にも効果があります。
ただし、市販されている青汁には鉄分量が少ない商品もありますので、事前に商品に記載されている鉄分量を確認してから選ぶようにしてください。
豊富な栄養成分を含む青汁は手軽に毎日飲めることからも、自分に適した青汁を選ぶことによって、最も身近にある健康薬として役立つことでしょう。

ページのトップへ戻る