青汁考察

前へ
次へ

青汁でダイエットができる

青汁でダイエットができる理由の一つには、痩身に効果的な二種類の食物繊維がバランスよく、そして豊富に含まれていることが挙げられます。

食物繊維は水溶性と不溶性に分けられます。
不溶性食物繊維は腸内でスポンジのように水を吸収します。
こうして便を膨張させて刺激を与えることで、腸の働きを促進させます。
刺激された腸は蠕動運動が増え、いわゆるお通じがきやすくなるのです。
水溶性食物繊維は腸内で水と結びつくことで便を軟化させ、排便がスムーズに行われるよう働きます。
食物繊維によって腸内に便が溜まらず、定期的に排出されることで、ぽっこりと突き出たお腹を解消することができます。

また、水と結びついた水溶性食物繊維には粘性が生まれるため、腸内での移動はスローペースになります。
すると満腹感が長く続くので、間食や過食を防止できるのです。
さらに粘性をもった水溶性食物繊維は、糖質の吸収をゆっくりにし、抑制する効果もあります。
飲食によって血糖値が上昇すると、血糖値を下げるためにインシュリンというホルモンが分泌されます。
インシュリンは、血液中の糖質を体や内臓のエネルギーに変えた後、余剰な糖質を脂肪として体に蓄積させる働きがあります。
糖質が一気に吸収され、血糖値が急激にあがると、その分インシュリンも多量に分泌されます。
そして多くの脂肪がため込まれることになります。
水溶性食物繊維は糖の吸収を緩やかにすることで、血糖値の急な上昇を防ぎ、脂肪の蓄積を緩和するのです。
また多量のインシュリンによって血糖値が急激に落ちると、体は低血糖状態になり糖分を求めるようになります。
血糖値の上昇を抑えることは、過度な糖分摂取を防ぐのにも効果的なのです。

また水溶性食物繊維は、腸内を移動する際に中性脂肪を絡めとり、そのまま便と一緒に排出させる効能があります。
中性脂肪は人体に必要なエネルギー源ですが、過度に摂取すると、脂肪として体にまとわりつくため肥満の原因になります。
この中性脂肪の吸収を抑制することで、肥満防止やダイエットを行うことができます。

ページのトップへ戻る