青汁考察

前へ
次へ

青汁で睡眠の質を高めよう

青汁を摂取することで、より良い睡眠を手に入れることが出来ます。
人が眠りにつくのには、複数ある睡眠ホルモンの分泌が必要です。

ケールを主原料とした青汁には、この睡眠ホルモンの一種であるメラトニンが豊富に含まれています。
メラトニンは脳の中にある内分泌器・松果体から分泌されます。
人間の体内時計とは密接に関係しており、規則正しく一定のリズムで睡眠をとるためには、メラトニンは必要不可欠なホルモンです。
通常、朝起きて日の光を浴びるとメラトニンの分泌はストップし、体は覚醒状態になります。
しかし起床から14~16時間が経過した夜の時間帯になると、メラトニンはまた徐々に分泌され始めます。
そしてメラトニンの分泌量が多くなると、体は睡眠をとるように促されるのです。
メラトニンには血圧を低く抑え、精神を安定させる作用もあるため、徐々に眠りにつきやすい落ち着いた状態がつくられます。
しかし体内時計を調節するメラトニンは、加齢と共に分泌量が減少します。
歳をとると長く眠れない・すぐ目が覚めてしまうといった現象は、メラトニンの減少が大きく関わっているのです。

そこで青汁を飲んでメラトニンを体外から摂取することが必要になります。
減少してしまった分のメラトニンを補うことで、睡眠の質を保つことが出来るのです。

またメラトニンには、強い抗酸化作用が確認されています。
抗酸化物質には、活性酸素を取り除く働きがあります。
活性酸素は非常に酸化力の強い酸素のことで、細胞と結びつくとその細胞を錆びつかせ、働きを鈍らせます。
錆びついた細胞は、栄養の補給や老廃物の排除がスムーズに行われなくなり、老化していきます。
しかし抗酸化物質がこの活性酸素を取り除くことで、体の老化を食い止め、若い状態を保つことが出来るようになります。

メラトニンは加齢と共に減少するので、体を若く保つことはメラトニンの分泌を促進することに繋がるのです。
青汁はメラトニンの減少を抑え、減少した分はしっかりと補うことが出来ます。
ですから青汁を飲むことで、睡眠の質を高く保てるのです。

ページのトップへ戻る