青汁考察

前へ
次へ

青汁で口内炎解消?

口内炎の症状を経験された方は多いと思いますが、口内炎とは唇の裏側・歯茎の周辺・頬の内側などの粘膜に発生する炎症のことを意味し、大きく次の3つの種類に分類されます。
これらの口内炎の症状とその原因を紹介します。

1 カタル性口内炎
単純性口内炎と呼ばれており、口の中の粘膜が赤くはれて粘液が出てくる症状があり、腫れ上げる部分とそうでない部分の境が見分けにくいのが特徴的です。
原因は物理的要因である、矯正器具・入れ歯・歯ブラシなどによる傷、頬の内側の噛み傷及び熱い食べ物・飲み物による火傷などが多いようです。

2 ウイルス性口内炎
ヘルペス・帯状疱疹・麻疹などのウイルスが原因となって起きる口の中の水疱・発疹を伴う口内炎です。

3 アフタ性口内炎
ほとんどの口内炎がこの種類ですが、アフタと呼ばれる5mm以下の白く小さい粒状のものが口の中のあらゆる粘膜にできて痛みを伴います。
いくつもできることもありますが、普通は何もしなくても1週間から2週間までに自然に消えてしまうのが特徴です。
はっきりと原因が判明していませんが、ビタミンなどの栄養不足・不規則な生活習慣・ストレスと疲労などによる免疫力の低下・不十分な口腔ケアなどが考えられています。

口内炎のほとんどを占めているアフタ性口内炎は自然に治りますが、日ごろから口内炎にならないようなからだ作りも含めた予防策が大切です。
具体的には規則的な生活習慣を心がけて、疲労・ストレスを溜め込まないような軽い運動・趣味などを取り入れてください。
また、食後の口腔ケアを習慣づけることも重要な予防策です。
さらに、食生活の中ではビタミン不足を予防するためにも、免疫力を高める栄養素と皮膚を強くする栄養素であるビタミンA, B群、Cを摂取することが大切です。
これらのビタミンを摂取するときには1種類では効果はなく、同時に摂取することが効果をだすポイントです。
特にビタミンB群を多くふくむ食材を取り入れた栄養バランスのある食事をとることが大切です。
注意しなければならないのは、口内炎になってからビタミン剤などのサプリメントを飲んでも効果がないことです。
ビタミン剤などのサプリメントには即効性がありませんので、予防としてのむことをおすすめします。

このような口内炎に青汁は効果があるのでしょうか? 青汁には豊富なビタミン群とミネラルが含まれていますので、特にアフタ性口内炎の予防と口内炎発症時の治療として両方の効果があります。
青汁に含まれるビタミン群はビタミンA(βカロチン)、ビタミンB(B2、B6)、ビタミンCであり、ビタミンA(βカロチン)は皮膚の強化・乾燥防止・免疫力アップの効果があり、ビタミンCには抗酸化作用と免疫アップの効果があります。
特にビタミンB2は粘膜保護作用・細胞の成長促進作用・糖質代謝の促進作用とビタミンB6のタンパク質の代謝促進作用・免疫機能の強化作用が口内炎の予防改善効果を強力に発揮します。
これらのビタミン群が相乗効果をあらわし口内炎の傷の早期改善に効果を発揮します。
このように、青汁には口内炎の予防・改善には大きなパワーを発揮する絶好の飲み物です。

口内炎になっている方には、どの青汁であれ栄養価が高く効果はありますが、あえて選ぶとすれば豊富な栄養素が含まれているケール又は明日葉が含まれている青汁を飲むことをおすすめします。
明日葉には特にビタミンAとビタミンB群が豊富に含まれ、ケールにはビタミンCが多くふくまれていますので、ビタミン不足を補うには最適です。
また、効果のある青汁の飲み方としては牛乳・ヨーグルトを青汁に加えて飲むことです。
ビタミンB群に追加してタンパク質を一緒に摂取することによって、口内炎の症状改善に効果を発揮します。
さらに、ビタミンCを加えたい場合は、酸っぱさからのしみる痛みを避けるためにフルーツジュースと青汁を混ぜて飲むのも一つの方法です。
青汁を飲んだ後にも、食後の歯磨きと同じようにしっかりとうがいをすることを忘れないでください。
うがいするには、市販のうがい薬の他にもカテキン入りのお茶または水に塩を入れた塩水を使用するのも効果的ですので試してください。
どのような種類の口内炎であれ、日常のしっかりとした口腔ケアが口内炎の予防・改善のための基本ですので、忘れずに実施してください。

青汁の人気ランキングや口コミも参考にしましょう。

ページのトップへ戻る