青汁考察

前へ
次へ

アンチエイジングの味方

青汁にはアンチエイジングに効果的な栄養素が豊富に含まれています。

体の老化の大きな原因になるのは活性酸素です。
活性酸素は非常に酸化力の強い酸素で、本来は体内に侵入した病原菌やウィルスを撃退する役目を持っています。
呼吸で吸い込んだ酸素のうち2%ほどが活性酸素になるとされ、健康を維持するためには必要不可欠な物質です。
しかし活性酸素の生成が過度になると、弊害を引き起こすようになります。
増殖した活性酸素は、体を構成する細胞を酸化させて錆びつかせます。
錆びた細胞は、栄養の取り込みや不要成分の排除が滞るようになり、代謝が低下します。
その結果細胞が老化し、体の老化に繋がるのです。

この活性酸素の除去に効果的なのが、SOD酵素です。
SOD酵素は強い抗酸化作用を持っており、活性酸素を取り除くことで細胞の酸化を防いで、老化を防止するのです。
SOD酵素は青汁の主原料としてよく利用される、大麦若葉や明日葉などに豊富に含まれていますが、他の食品からはほとんど摂取することができません。

また青汁に多く含まれるビタミンにも、抗酸化作用が認められています。
ビタミンEは「老化防止ビタミン」といわれるほど強い抗酸化作用を持っています。
SOD酵素と同じく細胞の酸化を防ぐことで、特に肌のシミやそばかす・くすみなどを防止する力があります。
さらにビタミンEには、毛細血管への血の巡りをよくする作用もあるため、肌に十分な血液が送られます。
血流がよくなることで肌に栄養が届けられ、肌荒れ・ニキビなどのトラブルを改善する効果があります。
肌を美しくすることで、若々しい見た目を保つことができるのです。
またビタミンAやCにも、同様の抗酸化作用があります。
ビタミンA・C・Eはバランスよく同時に摂取すると、いっそう抗酸化作用が高まることが分かっています。

青汁にはこれらのビタミンがどれも豊富に配合されているので、非常に効果的なアンチエイジング効果があるといえます。

ページのトップへ戻る